TBCで顔脱毛できない人|TBC顔脱毛情報

TBCで顔脱毛できない人

残念ながらTBCの顔脱毛を受けられない場合があります。

 

TBC顔脱毛と肝斑

ひとつは肝斑です。

 

肝斑というのはシミの一つで、淡い褐色の色素斑です。

 

妊娠すると濃くなったり、ピルなどによってできることがありますので、肝斑と女性ホルモンの関係は大きいといわれています。

 

出現するのは紫外線が当たりやすい場所で、悪化しやすい場所でもあります。

 

特に30~40代女性に多く、頬、ひたい、上唇のあたりに、左右対称の色素斑として現れます。

 

妊娠中現れる場合は出産後に消えることもありますが、
長期間消えないこともあります。

 

TBCの顔脱毛はこの肝斑があると受けることができません。

 

TBCの脱毛方法の中でライト脱毛が該当します。

 

ライト脱毛は黒い部分に反応する光を使って脱毛しますので、
肝斑のように濃い色があると、やけどを起こしてしまうことがあるのです。

 

特に肝斑は治療にトラネキサム酸という内服薬を用いますし、
レーザー治療など、他のシミ治療に用いられる方法は、
症状を悪化させてしまいます。

 

つまり、ライト脱毛によって、ヤケドなどの
肌トラブルが起こる可能性というのは、非常に高くなるということです。

TBCの顔脱毛はシミも対象外

TBCの顔脱毛では、シミがある部位の脱毛ができません。

 

シミができるのは、紫外線によって肌の中でメラニン色素が発生し、
ターンオーバーによって上手く剥がれ落ちずに色素沈着するためです。

 

色素沈着したシミは濃くなりやすく、顔脱毛で使われる光の波長に反応します。

 

つまり、顔脱毛で光を当てると、シミの部分をヤケドのように
してしまうのです。

 

光脱毛の光は毛根部など黒い部分に反応します。
毛根の組織を破壊し、ムダ毛が抜けるようにしていくのです。

 

TBCの顔脱毛では、ほくろなどがあると
シールで保護し、光が当たらないようにします。

 

これは顔以外の場所も同じですし、シミも同様の処置が施されます。

 

ですから、TBCの顔脱毛では
シミ部分から生えている産毛、ムダ毛は脱毛できないのです。

 

ただし、そのほか何もトラブルのない部位に関しては脱毛可能です。
肌の状態も改善されるのがTBCの顔脱毛の特徴ですから、
顔の産毛が気になるという方は検討してみるといいでしょう。

 

初めてでも安心!不安ならまずはTBCでカウンセリングを